空気が澄んで、気持ちのいい冬晴れ。

こんな日は、家事をサッと済ませて、窓辺のソファでヌクヌクお昼寝したい。南向きの大きな窓は、たくさん採光できるし、2重構造だから寒さを防いでくれて、暖かい。

暖房を長時間付けていると体に良くないし、光熱費も・・・なんて、最初は心配していたけど、そんな心配いらなかったな。

高断熱の家は、壁や床下、天井の断熱性を高めておくことで、日中の太陽の暖かさを壁や床に蓄えて、保温力を高めてくれるのよね。

蓄えられた熱は外に逃げず、室温が下がってくると放射されるから、暖房を消して眠っても朝まで冷え込まず、冬でもパジャマのまま、素足でもいられるなんて夢みたい。

断熱材にもたくさんの種類があって、用途や予算に応じて色々選べること、家を建てるまでは知らなかったな。

こだわりを詰め込んだ快適な家に暮らすことで、どうやら性格も変わったみたい。苦手だったお掃除も大好きになったし、今年は大掃除の必要もない。

この家に暮らすまでは、こんなに落ち着いた丁寧な暮らしができるなんて想像できなかったな。心地の良い家は、気持ちまで幸せにしてくれる。