ポカポカして、あたたかい春。

だけど花粉症の私は、外出も憂鬱で家に閉じこもりがち。それに加えて寝不足で、春は眠気がひどい。「春の嵐」という言葉があるくらい、風の強い季節でもあり、外出は出来るだけしたくない。

だからこそ、私が住まい作りを考えた時の第一条件は、「一年中、快適に暮らしたい」ということ。

春の暖かい日差しを取り入れる為に作ったサンルーム。

この部屋のお陰で、室内にいても春の気持ちよい日差しを感じながら、お洗濯や家事ができる。花粉の付着が気になるこの時期も、もう少しでやってくる梅雨の時期も、外に干せないお洗濯ものを大量に部屋干しできるから嬉しい。

「芦野石」で設えた床は、吸水性や浄化作用があるから、キレイな空間で過ごせて気持ちいいな。

24時間換気システムが室内の空気をコントロールしてくれるから、気密性が高いほど「快適な住まい」になるんだよね。

お陰で、窓を開けなくても、空気が澄んでいて快適に過ごせる。

お昼寝もしたいけど、ずっとやってみたかったガーデニングにも挑戦してみようっと。お料理にも使えるハーブと、シンボルツリーはやっぱり春一番に鮮やかに咲くミモザがいいかな。